FC2ブログ

陵王

昔、四天王寺で雅楽を聞いた。
その時感動して、四天王寺の本を購入。その表紙は陵王。
陵王は激しく動く「走舞」を代表する舞だそうだ。

この舞の逸話はいくつかあるようだが、その一つ。

古代中国の蘭陵王長恭は、かなりのイケメンだったそうだ。
いざ戦となっても長恭の兵士たちは戦を忘れ、その姿に見とれてしまっていたという。
だから、怖い仮面をつけて戦にのぞみ、勝利したそうだ。

戦にならないぐらいかっこいい顔って、どんな顔だ!!!

実際この舞をみたわけじゃないけど、陵王の姿がかっこいいので模写!

P10301161.jpg

また、四天王寺に行きたい。あそこの有料の庭が最高なのです。
で、最近、聖徳太子の本を読み、四天王寺をつくったのは彼だったということにびっくり!ありがとう!聖徳太子!


P10301331.jpg


なんか、めっちゃこわい!削ったから貼り絵みたいになっている。呪われそう(笑)
うまく描けなかったので、倉庫に封印。

気をとりなおして次!


P10301351.jpg

私は、芥川龍之介が好きです。
そこで「蜘蛛の糸」を参考にしました。地獄描こう。

でも、

P10301361.jpg
ああ、地獄の罪人たちが消えました。

そして、


P10301401.jpg

鳥です。
地獄の罪人達は、蜘蛛の糸にしがみつくどころか、その姿を鳥に変えられてしまいました。平和そうですね。めでたし。めでたし。


ぽちっとどうぞ!
人気ブログランキングへにほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

takako

Author:takako
大阪府柏原市在住
takakoといいます。
ぼちぼちと絵や変なものを作ったり、本読んであーだこーだと思ってます。takakoの作品集もあるので、リンクからどうぞ!

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR